キャベツを食前に食べることで4つのダイエット効果を得ることができる

簡単で楽チンなダイエット方法を探して一年中ダイエットをしている万年ダイエッターの方は少なくありません。そんな方は一度キャベツダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか?

キャベツダイエットといっても、朝昼晩とキャベツのみを食べ続ける単品ダイエットではありません。そんなダイエット法は体に悪いだけでなく、精神的にも大きなダメージを受ける可能性が高いので、決して実践してはいけません。ここで紹介するキャベツダイエットは、食事の前にキャベツを食べるという方法です。

キャベツは簡単に手に入れることが出来ますし、また一年を通して安価で購入することが可能です。ですから誰でも始めやすいダイエットなのです。キャベツを食前に食べることで4つのダイエット効果を得ることができます。

まずひとつめの効果は、食欲抑制です。食前にキャベツを食べることで、メインの食事量がグッと減ります。

これは、噛みごたえのあるキャベツを食べることで、脳にある満腹中枢を刺激するからです。満腹感を感じることができると、暴食を防ぐことが可能です。食欲をコントロールすることに四苦八苦されている方は食前にキャベツを食べるようにしてくださいね。

二つめの効果は、便秘解消です。キャベツに豊富に含まれる食物繊維によって、便のかさを増やし、快便を促します。特に女性は便秘がちになりやすい傾向にあるので、キャベツを食べることをおすすめします。

三つめは美肌効果です。ダイエットをすると肌トラブルを起こすという方も少なくありませんが、キャベツには多くのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは美しく滑らかな肌作りには必須な栄養素ですから、キャベツを食べることでダイエット中の肌荒れを回避することが可能です。四つめは血液サラサラ効果です。キャベツに含まれる水溶性の食物繊維は、血液中のコレステロールを体外に排出する働きを持っています。

血液がドロドロになると血行が悪くなり太りやすく痩せにくい体質になりますし、何よりも健康に悪影響を与えます。近年多く見られる動脈硬化などはこの血液ドロドロが原因です。

キャベツを食べることで健康と太りにくい体質の両方を手に入れましょう。ではキャベツダイエットの実践方法です。食前に食べるキャベツの量はだいたい6分の1玉くらいです。これを10分ほどかけてよく噛んで食べるようにしましょう。

時間をかけるためにも細かく切るのではなくザク切りにするのが良いでしょう。あとは普通に食事をすればOKです。お腹がいっぱいになったと思ったら、食事を切り上げましょう。目の前にある食事を全部食べなければという使命感はダイエットには不要です。

残りは次の食事でいただけば無駄にはなりませんので、潔く箸を置いてください。どんなダイエット方法にも通じるものですが、即効性に期待するのはほどほどにしましょう。一週間に3キロ減などは本当のダイエットではありません。じっくりと時間をかけて行ってくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ